下痢にも効果あり?

| 未分類 |

現在毎日を健康に過ごすことを目的とした健康ブームとなっており、その健康ブームにより注目を浴びているのが腸です。この腸とは胃によって柔らかく消化された物を、その中に含まれている栄養を全身に送るためにより細かく消化して吸収する器官を言います。そのためこの腸の状態が荒れると、その栄養が取れなくなり肌荒れの原因になるなど様々な病気の元となります。その腸内の状態において悪い状態になると起こるのが下痢であり、この症状は腸内細菌のバランスが崩れることで便に水分が含み過ぎてしまい形を保てなくなった物を言います。これはストレスなどによって腸の動きが活発になる急性タイプとそして、常にお腹の調子が悪くなる状態の慢性になった時には悪玉菌と呼ばれるものが関係しています。この悪玉菌は腸内に多く生息しておりその数が多くなると腸を老化させてしまい、それもまた万病のもとになります。この腸の老化を抑えるのが善玉菌です。この悪玉菌自体がいることで体の調子を知ることができるパロメーターの存在ためいなければならないのですが、その数を調節するためには善玉菌を増やす生活をする事が良いのです。そのためには暴飲暴食はせずにしっかりとして野菜を中心とした食事と睡眠をとることが。この腸内細菌をよくする事が出来ます。docter01_l