菌体成分と免疫力の関係

| 未分類 |

菌体成分とは、細菌を構成する全ての成分のことです。
これまでプロバイオティクスとしてビフィブス菌などの有益な細菌を摂取する際、生きた菌でなければ効果がないと思われいましたが、最近の研究で死んだ菌でも体にとって有益な働きをすることがわかってきました。しかし、細菌のどの部分が有益なのかのかわからないために、「菌体の成分」というあいまいな表現をしているということです。
この成分は小腸での免疫力の増強に関与しています。
小腸は、食品として摂取した栄養素が体内に吸収される場所です。小腸の粘膜には、吸収される物の中に、体にとって有害なものが含まれていないかを判断して排除するために免疫細胞が集まっています。この細胞には、病原菌を認識する受容体というものがあります。このレセプターは、病原菌を認識すると抗菌性物質を分泌して、感染を未然に防いでいます。
ビフィズス菌などの成分は、TLR2受容体を刺激して抗菌性物質を分泌させます。さらにナチュラルキラー細胞(癌化した細胞やウィルスに感染した細胞を見つけて殺す働きがある免疫細胞)を活性化したり、IgA抗体(ウィルスなどの感染を防ぐための物質)の産生を促すという作用もあり、体の免疫系に有益に働きます。

docter01_l