日和見菌の性質について

| 未分類 |

私たちの腸内には約100~120種類、数にすると約100兆個の細菌がいると言われています。そして、さまざまな種類の細菌が自分たちの勢力を伸ばそうと絶えず闘争しています。
腸内細菌をはたらきによって分けると「善玉菌」と「悪玉菌」に分けられます。「善玉菌」は、免疫力を高めたり、食べ物の消化・吸収の促進、腸内を弱酸性に保つなどの働きがあり、身体にとって有益な働きをしてくれます。一方「悪玉菌」は身体の抵抗力を弱め、発ガン物質や毒素のある有害物質を作り出し、腸内をアルカリ性にするという逆の働きをします。
腸内細菌のバランスが善玉菌20%、悪玉菌10%くらいが健康と言える人の腸内環境です。そして残りの70%は「日和見菌」が占めています。ちょっと聞きなれないこの菌は、善玉菌にも悪玉菌にもなりうる細菌で、善玉菌が優勢になれば善玉菌の味方をし、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌の味方をします。腸内細菌のバランスが崩れて、悪玉菌が増える環境になると、この菌も悪玉菌として働き始めてしまいますので、腸内の環境はますます悪化していくことになるのです。
健康を保つためには、日頃から腸内環境をととのえて、悪玉菌が増えるのを防ぎ、善玉菌優勢な環境を保つことが大切です。

heart01_m