悪玉菌とは、人の腸内に存在する細菌の一種で、人の健康に悪影響を及ぼすものの事です。これとは逆に、良い働きをする細菌を善玉菌と言います。
その主な種類には、腸内で腐敗を起こしたり、発がん性物質を生産するウェルシュ菌や大腸菌が挙げられます。ウェルシュ菌は、臭いの元となる有害物質を作りだし、高齢になるほど増加します。大腸菌は、タンパク質やアミノ酸を分解して増加します。これらの細菌の栄養源はタンパク質や脂質で、食の欧米化によって肉食が増え、野菜等の食物繊維の摂取量が減った現代の日本人は、昔よりもこれらの細菌が増えていると考えられます。その他にも、ストレスにより消化液の分泌量が減少すると、細菌が生存し易い腸内環境を作ってしまいます。また、便秘によって腸に便が溜まっている状態でも同じ事が言えます。

 

copsel01_m
人の体に害を及ぼす菌を減らし、良い影響を与える善玉菌を増やす事が健康を維持するためには大切な事です。食生活では、タ
ンパク質や脂質の過剰摂取を控え、野菜やキノコ等の食物繊維、ヨーグルト等の発酵食品をとります。出来るだけストレスのかからない生活を心がけたり、便秘にならないようにするためにも、適度な運動が効果的です。