善玉菌にビフィズス菌があります。このビフィズス菌はコレステロール値を下げ、腸内環境を整える効果や免疫力を高める効果があります。ビフィズス菌は強い殺菌力を持ち便秘や下痢、大腸がんの原因となる悪玉菌の増殖を抑える効果があります。また悪玉菌は毒素を作り出りだし、その毒素を吸収することで体に悪影響を及ぼします。この悪玉菌の増殖を抑えることで免疫力が高まります。この効果により、花粉症にも効果があると言われています。このビフィズス菌にはいろいろな種類があり、ビフィダム菌、ロングム菌、アドレスセンティス菌、ブレーベ菌があります。ビフィダム菌は世界で初めて発見されたビフィズス菌です。ロングム菌は花粉症などのアレルギーに効果的な菌で、免疫細胞レベルでも改善の効果が明らかになっています。アドレスセンティス菌はビタミンの合成をする役割があり、ブレーべ菌は乳児の腸内のみにいる菌です。ビフィズス菌は酸素があると生育できないことから、酸素の少ない大腸に多く生育している菌です。このように、ビフィズス菌には様々な効果があり健康的な生活を送る上ではとても重要な菌です。日頃の食生活なかで毎日意識して摂取していくことが大切です。

 

heart01_m