私たちの腸内には様々な細菌が存在しますが、大きく分けると善玉菌と悪玉菌に分類されます。その中で、善玉菌の99.9%を占めているのが「ビフィズス菌」です。そしてそのサポート役をし、住みやすい環境を作り出す役割を果たしている菌もよく知られています。

copsel01_m

 

 
前者の特徴としては酸素があると生育できないこと。そのため酸素がない大腸が生育しやすく、ほとんどが大腸に存在しています。それから乳酸と酢酸を作りだしていること。酢酸には強い殺菌力があるため、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を良い状態にしています。

 

 
一方後者は、酸素があっても生育できること。そのためヒトや動物の腸だけではなく、植物や発酵食品中にも存在することができます。それから、乳酸を作り出すけれど酢酸は作れないことがあげられます。

 
こうやってみると、同じ善玉菌でありながら2つの細菌には結構違いがあることがわかります。そして一番の違いは前者が大腸に住み着いている菌なのに対し、後者は腸に長く住み着くことができないということ。ただ前者も年齢を重ねていくうちに減少してしまいます。

 

 
腸内環境を良くするにはこれらの細菌の特徴を理解し、継続的に摂取するように心掛けることが大切です。

 

heart01_m