死菌でも効果あり?

| 未分類 |

プロバイオティクスでは、口から摂取した生きた善玉菌が小腸の免疫機能で重要な働きをする受容体(レセプター)を刺激することで、腸管免疫機能を活性化する効果があるとされています。
この善玉菌による免疫機能の活性化は、生きた善玉菌の活動による刺激によって引き起こされるものと考えられてきました。
しかし、近年の研究で、実は善玉菌を構成している菌体成分そのものが、この受容体に刺激を与えていることがわかってきたのです。

菌体成分とは、単細胞生物である善玉菌を構成している細胞の細胞膜、細胞内を満たす細胞質、DNAを構成している核酸などの成分の総称です。
これらの菌体成分のうち、どの成分が小腸の受容体を刺激しているのかは現時点でわかっていませんが、すべての成分は死んだ善玉菌にも変わらずに存在しています。
つまり、生きた善玉菌にこだわらなくても、死菌(死んだ善玉菌)をたっぷり摂取すれば腸管免疫機能を活性化する作用を十分に得られるわけです。

また、ビフィズス菌などの善玉菌は死んだ後にも、腸内に元々存在する善玉菌の餌として他の善玉菌の活性化に貢献してくれるので、善玉菌優位の腸内環境をつくることにも役立ちます。

このように、善玉菌は死んでしまっていても一定の健康効果が期待できます。
ただし、死んだ善玉菌を摂取しても、体内で増殖して善玉菌を増やしたり、腸内で活動して乳酸を生成するなど、腸内環境の改善に効果的な活動をすることはないので、生きた善玉菌と同様の効果が得られるというわけではありません。
乳製品や健康食品を選ぶときには、そうした面を考慮してできるだけ多くの善玉菌を含む製品を選ぶことをオススメします。

docter01_l