ヨーグルトと一緒によく耳にする乳酸菌は細菌の一種で、その種類は一つではなく数多く存在します。それらに共通する特徴は病原性ではなく、運動活動はせずブドウ糖を消費し多くの乳酸生産する力をもっています。

copsel01_m

 

 

その種類は40種類以上とされ形状は球状か桿状になっており人間の消化菅や膣にも多く生息するとされる。これらはphが酸性の状態で繁殖しやすく、乳酸を生産するときに行われる発酵という働きにより周辺環境を酸性にし、他の酸に弱い微生物の繁殖を抑制します。

 

この働きは人間にとっては害のある細菌から腸内環境を守るバリアーとしても期待できるとされ「腸内善玉菌」との呼び名もあり、そのため食品などから積極的に摂取することが良いとされています。主なものとしてはヨーグルト、乳酸飲料、漬物、発酵食品などがよく挙げられ小さな子どもから高齢者までが手軽に摂取しやすく、取り入れることで便秘や下痢、成長作用の改善に役立つものとされています。

docter01_l

 

またブルガリ地方の人々は食品からこれらの成分を習慣的に体内に摂取し腸内バランスを保つ他にも免疫力増強、発ガン抑制、コレステロール抑制の作用も期待できるというのは常識的な考えであり長寿の大きな理由ともしています。

 
医療事務の資格取得方法→website